イベント

レイクタウンの湖でウナギを発見?!川柳生き物調査(5/20開催)

川柳生き物調査

越谷レイクタウンのシンボルである「大相模調節池」には、淡水性や汽水性の多くの種類の生き物が暮らしています。
池に網を設置し、どんな生き物が住んでいるのか一緒に観察しましょう。
昨年の調査では、ウナギを含めて40種類以上の生き物が観察されました!

*調査の流れ
調査前日、漁協の皆さんが調査用の網を仕掛けます。
調査当日、網を引き揚げて水棲動物を確認します。
NPO法人越谷ふるさとプロジェクトのメンバーや、
石倉カゴの開発者で鹿島建設の柵瀬信夫さんが講師となり、
どんな生き物がいるのか、どんな特徴があるのかなどを解説してくれます!

*荒天時
川柳地区センター・公民館にて、「生き物講座」を開催します。

*昨年の調査で観察された生き物
・ウナギ、ナマズ、クサガメ、テナガエビなど40種類以上

*問い合わせ先
川柳地区センター・公民館
住所:越谷市川柳町2-485
電話番号:048-987-8213

イベント名越谷市制60周年記念 川柳生き物調査~大相模調節池にはどんな生き物がいるか?~
日程2018年5月20日 AM10:00~11:30
場所大相模調節池ビオトープ周辺
主催川柳地区コミュニティ推進協議会
協力埼玉東部漁業協同組合、埼玉県水環境課、越谷市環境政策課

レポーター紹介

海と日本プロジェクトin埼玉県事務局

関連リンク

  1. 川の国埼玉魅力100選 写真募集チラシ
  2. 2018

Pickup

  1. 東秩父村 細川紙00000000
    「手漉き和紙」と川の関係を知っていますか?

    「手漉き和紙」と川の関係を知っていますか?2014年、ユネスコは「和紙・日本の手漉和紙技術」を世界無…

お知らせ

  1. 記事がありません

番組情報

  1. 記事がありません
PAGE TOP