レポート

「清流の女王」がピンチ??

イベント1_1

綺麗な水を好み、その美しさから「清流の女王」とも呼ばれる鮎。
川魚のイメージがありますが、意外や意外、鮎は一生の半分を海で暮らしているんです
秋に川の下流で生まれた赤ちゃん鮎は、川の流れに乗って海まで下ります。
海でプランクトンを食べて育った稚アユは、春になると川を上ります。
川に戻った鮎は、 森林からしみ出した、養分たっぷりの苔を食べて成長します。
そして、秋に川の下流で卵を産むと、1年という短い一生を終えるのです。

森と川と海、3つが繋がることで生息できる鮎が、現在ピンチを迎えています…

画像は一昨年と去年にかけて行った水質調査の様子ですが、
県内を流れる荒川や利根川など44の河川の94地点で、
水の中に溶け込んだ有機物の量を測定したところ、鮎が生息できる値である
3㎎を上回る数値が、94地域のうち17の地点で記録されたそうです。

汚い水の環境では、鮎は生きていくことが出来ません。
川の国・埼玉で、いつまでも清流の女王が見られるようにしたいですね。

 

 

 

関連リンク

  1. 川幅日本一の標1
  2. 2018061303
  3. IMG_0622
  4. ジムナーカス00000003
  5. 神明貝塚①00000000
  6. 180426_第4回ソフト懇談会_3

Pickup

  1. 川幅日本一の標1
    日本一の川、ここにあり!埼玉県の「荒川」

    埼玉県鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川。この川は、あることで日本一となっています。何で日本一なのでしょ…

  2. 2018061303
    生き物と親しむ 荒川の自然と遊びの教室

    全国的に暑さが広がった今月8日、埼玉県内でも最高気温が30度を超える真夏日を記録しました。こうしたな…

  3. 茶畑
    かわはくで緑に親しむ♪ 「お家に緑を持って帰ろう」

     「かわはく」で親しまれる埼玉県立川の博物館で、お茶や盆栽などの「緑」に触れませんか? 達人たちと一…

お知らせ

  1. 記事がありません
PAGE TOP