レポート

「清流の女王」がピンチ??

イベント1_1

綺麗な水を好み、その美しさから「清流の女王」とも呼ばれる鮎。
川魚のイメージがありますが、意外や意外、鮎は一生の半分を海で暮らしているんです
秋に川の下流で生まれた赤ちゃん鮎は、川の流れに乗って海まで下ります。
海でプランクトンを食べて育った稚アユは、春になると川を上ります。
川に戻った鮎は、 森林からしみ出した、養分たっぷりの苔を食べて成長します。
そして、秋に川の下流で卵を産むと、1年という短い一生を終えるのです。

森と川と海、3つが繋がることで生息できる鮎が、現在ピンチを迎えています…

画像は一昨年と去年にかけて行った水質調査の様子ですが、
県内を流れる荒川や利根川など44の河川の94地点で、
水の中に溶け込んだ有機物の量を測定したところ、鮎が生息できる値である
3㎎を上回る数値が、94地域のうち17の地点で記録されたそうです。

汚い水の環境では、鮎は生きていくことが出来ません。
川の国・埼玉で、いつまでも清流の女王が見られるようにしたいですね。

 

 

 

関連リンク

  1. 20190109-1
  2. 集合写真
  3. 河岸記念館1
  4. 行田縁切橋
  5. 嵐山町縁切橋2
  6. しらこばと水上公園ポスター

Pickup

  1. IMG_4238
    コバトンカフェ×海と日本プロジェクトin埼玉県コラボ*シ…

    県庁敷地内にある「コバトンカフェ」と海プロin埼玉県がコラボした特別メニューが誕生しました☆★☆★…

  2. 20190109-1
    うみぽすグランプリ表彰式

    10月28日(日)、東京のお台場にある船の科学館で海と日本プロジェクト うみぽすグランプリ2018の…

  3. 集合写真
    荒川図画コンクール表彰式♪

    11月17日(土)、さいたま市浦和コミュニティーセンターで平成30年度荒川図画コンクールの表彰式が行…

  4. ダム展1
    ダムにスポットを当てた特別展

    埼玉県さいたま市の県立歴史と民俗の博物館では12月2日まで、特別展「ダムと変わる!私たちのくらし」が…

  5. 特別展 鴨 かわはく
    かわはくからのお知らせ♪

    寄居町の県立川の博物館から、3つのイベントの情報が届きました♪…

レポート

  1. 20190109-1
    うみぽすグランプリ表彰式
  2. 集合写真
    荒川図画コンクール表彰式♪
PAGE TOP