レポート

「清流の女王」がピンチ??

イベント1_1

綺麗な水を好み、その美しさから「清流の女王」とも呼ばれる鮎。
川魚のイメージがありますが、意外や意外、鮎は一生の半分を海で暮らしているんです
秋に川の下流で生まれた赤ちゃん鮎は、川の流れに乗って海まで下ります。
海でプランクトンを食べて育った稚アユは、春になると川を上ります。
川に戻った鮎は、 森林からしみ出した、養分たっぷりの苔を食べて成長します。
そして、秋に川の下流で卵を産むと、1年という短い一生を終えるのです。

森と川と海、3つが繋がることで生息できる鮎が、現在ピンチを迎えています…

画像は一昨年と去年にかけて行った水質調査の様子ですが、
県内を流れる荒川や利根川など44の河川の94地点で、
水の中に溶け込んだ有機物の量を測定したところ、鮎が生息できる値である
3㎎を上回る数値が、94地域のうち17の地点で記録されたそうです。

汚い水の環境では、鮎は生きていくことが出来ません。
川の国・埼玉で、いつまでも清流の女王が見られるようにしたいですね。

 

 

 

関連リンク

  1. しらこばと水上公園ポスター
  2. 集合写真
  3. 男女土橋プレート
  4. 川開き10
  5. 川幅日本一の標1
  6. 2018061303

Pickup

  1. 写真 2018-08-04 15 25 15
    ハーバーフリープログラムin横浜 海のお仕事体験

    8月4日から5日、海にまつわる仕事を学ぶ「ハーバーフリーin横浜 海のお仕事体験プログラム」が行われ…

  2. 0611kawagaki-o
    今年の夏はみんなで川ガキになろう!!(埼玉県水環境課)

    夏休みの宿題はこれで解決!川ガキ体験イベントが盛りだくさん川で魚を捕まえたり、競って泳いでみたり、時…

  3. うなぎ1-1
    8/28開催(8/17締切)世界のうなぎ博士・塚本勝巳講…

    日本の「うなぎ」が絶滅の危機に瀕していることは、ご存知の方も多いかと思います。ウうなぎの起源は古く、…

  4. 実行委員会2
    海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会

    海の現状を学び未来につないでいこうと活動をしている「海と日本プロジェクト」。埼玉県における実行委員会…

  5. しらこばと水上公園ポスター
    「県営の4つのプールがオープン中、海にもプールにも行こう…

    夏が来たー!埼玉県には海が無いですが、海に匹敵するプールがあります。…

PAGE TOP