海と日本プロジェクトin埼玉県とは?

saitama_about

埼玉県は、内陸部に位置することから、海に触れる機会は決して多くありません。

一方で、県土に占める水辺空間の割合は約5%、河川面積だと3.9%で日本一、
川幅も2.5kmで日本一と、埼玉県は川に関しては日本一揃い、まさに川の国なのです!
県も、河川に関する施策や教育などを数多く展開しています。

このように、一見すると海との繋がりが薄いように思われる埼玉県ですが、
「未来の海を守る」というテーマは、埼玉県民にとって決して他人事ではありません。

そこで立ち上がったのが、この「海と日本プロジェクトin埼玉県」です。
川は海と繋がっています。川を大事にし愛する事は、海を大事にし愛する事に繋がります。

好きな魚を当たり前のように食べている現在の状況は、決して当たり前ではありません。
海の環境を守るためには、その養分をつくる山や川を守る必要があり、
その為には、「川の国」に住む、埼玉県民が誰よりも意識する必要があるのだと、
私たちは思います。

これから、このウェブサイトに埼玉県の川に対する取り組み、
そして、川の行きつく先である海に関連した、様々な情報をアップしていきます。
川の国・埼玉が起こす取り組みに、ぜひご注目ください!

Pickup

  1. 7ADF3B0A-1D6C-4F68-83D5-F563FF432406
    スポGOMI甲子園2022・埼玉県大会開催!

    今月5日、高校生のゴミ拾い日本一を決めるイベントスポGOMI甲子園2022の埼玉県大会が県営大宮公園…

  2. Photo_22-08-01-09-59-46.535 (1)
    🐟海洋生物3Dスーパーサイエンスプロジェクト2期生…

    『海洋生物3Dスーパーサイエンスプロジェクト」とは…日本財団が進める「海と日本プロジェクト」の…

  3. Photo_22-07-28-11-04-54.393
    子どもたちも参加✨さいたま市の芝川でうなぎ生息調査!

    田畑などの自然と都市部が融合する、さいたま市の川には今でもうなぎが生息しているのか?!7月24日(日…

  4. Photo_22-07-18-13-38-55.434
    河川敷のサイクリングロードを走りながら、川をキレイに🚲

    埼玉県の水環境課と越谷市の自転車関連用品の会社「ホダカ株式会社」さんが取り組んだ『リバチャリ』の様子…

  5. Photo_22-07-19-21-23-54.393
    海と魚を味わい、未来を考える特別給食「海彩給食」🐟

    魚を好んで食べない=魚離れが叫ばれる中、ときがわ町と海と日本プロジェクトin埼玉県が今年もコラボ!海…

海と日本PROJECT in 埼玉県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://saitama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saitama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 埼玉県</a></iframe><script src="https://saitama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP