イベント

海と埼玉研究所レポート③

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして2日目♪

ついに!活動の場所は海に~~~~

大洗サンビーチ①ビーチコーミング

2日目の朝、大洗サンビーチへやってきた研究員たち。

さっそく、ゴミ拾いに取り組みました。

人が落としたゴミ、足を切ってしまうような小さな貝殻の破片なども拾います。

表面はきれいに見えても、よ~~くみると、砂の中に小さなゴミが埋まっています。。

タバコ、ビニール、ペットボトルなどが落ちていたようですよ。

みんなの熱心な活動のおかげで、ビーチが少しきれいになりました♪

大洗サンビーチ②ライフセービング体験

やっと、目の前の海に入ることができます!!

ライフセービング教室です♪

先生はなんと…………海賊!!!!!!!??

海賊のジーコ足立船長と、その手下の皆さんが研究員たちを迎えてくれました!

 

大洗サンビーチ③ライフセービング

ジーコ船長たちが教えてくれたのは、海で起きうる危険なこと、危険から身を守るためのルールなどです。

浜辺にたっている旗の意味や、海のなかで仲間に送る合図、海の中での動きかたを、実践を通して伝えてくれました。

「海は楽しいけど危険もある」、海賊らしく荒々しい口調もありましたが、

研究員たちにしっかりと大切なことを教えてもらいました。

やんちゃざかりの子どもたちも、船長のことはしっかりと聞いて、指示にすばやくしたがっていましたよー♪

 

この他にも、ボディボードの乗り方なども教えてもらいました♪

みんな器用に波に乗ることができていました!

今日から「僕はサーファーだぞ!」と言ってもいいそうです(笑)

大洗海の大学へ…まとめ

プログラムもこれが最後!!

海でのアクティビティを終え、また海の大学へ戻りました。

そしてこの2日間を振り返り、研究結果をまとめました。

川と海の違いは?つながりは?

自分たちが未来の海を守るために出来ることはなんだろう…?

それぞれ思うことがあったようです。

 

この内容は、あす29日にテレ玉で放送される「情報番組マチコミ」(16:30-17:45)、

また9月5日の埼玉新聞さんにも掲載されます♪

子どもたちが学んだことを、ぜひチェックしてみてください。

参加してくれた研究員の皆さん、ありがとう!

イベント名海なし県・埼玉発!未来の海を守ろう 海と埼玉研究所
参加人数19人
日程8/16-17
主催海と日本プロジェクトin埼玉県

レポーター紹介

海と日本プロジェクトin埼玉県

関連リンク

  1. ふれあいマラソン100000000
  2. ちょう300000000
  3. 写真 2018-11-04 14 38 08
  4. 写真 2019-02-12 20 34 36
    さばける塾
  5. IMG_1471
  6. 写真 2018-10-06 12 51 45

Pickup

  1. ふれあいマラソン100000000
    約2500人が参加 テレ玉親子ふれあいマラソン

    3月16日土曜日、戸田市内の彩湖・道満グリーンパークでテレ玉主催の親子ふれあいマラソン大会が開かれま…

  2. ちょうのりんぷん
    かわはく体験教室 りんぷん転写~チョウのはね模様をコピ…

    りんぷん転写という方法を使って、チョウのはねのもようを紙に写し取ります。どうしてそんなことができるの…

  3. たまよど
    かわはく 企画展「玉淀今昔物語-田山花袋が絶賛した渓谷美…

    かわはくから企画展のお知らせです♪■開催趣旨荒川には「玉淀」という名の景勝地(埼玉県指定名勝)があり…

  4. 写真 2019-03-14 17 17 36
    県立川の博物館×海と日本プロジェクトin埼玉県 パネル展…

    こんにちは!海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会です。「かわはく」で親しまれている県立川の博物館…

  5. ちょう300000000
    市民が生き物調査 結果報告会

    春日部市で、去年7月から10月にかけて、市民が、市内に生息するチョウを調査してきた、市民参加型の生き…

 
PAGE TOP