お知らせ

ダムにスポットを当てた特別展

ダム展1

埼玉県さいたま市の県立歴史と民俗の博物館では12月2日まで、

特別展「ダムと変わる!私たちのくらし」が開かれています。

ダムの役割やダムに沈んだ地域の暮らしぶりのほか、

実施してきた水害対策や河川との関わり方などを紹介しています。

 

特別展「ダムと変わる!私たちのくらし」

会場では、当時の写真や堤防工事のようすが描かれた額など約200点を展示。

利害関係によって200年以上も論争が続いた熊谷市の堤防「中条堤(ちゅうじょうてい)」の資料は、治水の難しさを伝えています。

1783(天明3)年には浅間山(群馬県と長野県境)が大噴火。

降灰や軽石は利根川の河床を上昇させ、堤防からあふれた泥流は

埼玉県の北部から東部にかけて農作物にも影響を与えました。

この時の絵図なども展示されていて、被害の大きさを感じ取ることができます。
 

     

 

 

■ダムカードとダムカレー  

  1. 埼玉県立歴史と民俗の博物館提供

会場では小学生以下の子どもを対象に、場内にあるクイズラリーに参加すると

特別展オリジナルのダムカードを配布しています。

「子どもだけか…」と思ったダムカードコレクターの皆さま、ご安心ください!

特別展の図録(税込み700円)を購入すればカードがもらえます!

(予定数に達し次第終了。)

また、ミュージアムショップでは特別展の期間中、

ごはんをダム、カレールーを溜めた水に見たてた「ダムカレー」(税込み700円)が登場しています。

学んで、食べて、カードもゲットしちゃいましょう!

◇特別展「ダムと変わる!私たちのくらし」
 午前9時~午後4時半(観覧受付は同4時)まで。月曜休館。
 観覧料一般600円、高校生・学生300円。
 問い合わせは、県立歴史と民俗の博物館(電話048-645-8171)へ。

レポーター紹介

サイタマニア イシ★バシ
埼玉をこよなく愛する、埼玉専門の覆面フリーライター。実は生まれ育ちは東京。
愛車の原付バイクで県内をくまなく回り、埼玉のニッチな魅力を日々発掘!
テレビ出演多数。
著書【埼玉のアナ 東上沿線 和光-川越編】。

関連リンク

  1. ちょうのりんぷん
  2. たまよど
  3. 写真 2019-03-14 17 17 36
  4. 首都圏外郭放水路
  5. 【関東地整河川計画課】応援団募集チラシ -1
  6. 写真 2019-03-14 17 17 32

Pickup

  1. ふれあいマラソン100000000
    約2500人が参加 テレ玉親子ふれあいマラソン

    3月16日土曜日、戸田市内の彩湖・道満グリーンパークでテレ玉主催の親子ふれあいマラソン大会が開かれま…

  2. ちょうのりんぷん
    かわはく体験教室 りんぷん転写~チョウのはね模様をコピ…

    りんぷん転写という方法を使って、チョウのはねのもようを紙に写し取ります。どうしてそんなことができるの…

  3. たまよど
    かわはく 企画展「玉淀今昔物語-田山花袋が絶賛した渓谷美…

    かわはくから企画展のお知らせです♪■開催趣旨荒川には「玉淀」という名の景勝地(埼玉県指定名勝)があり…

  4. 写真 2019-03-14 17 17 36
    県立川の博物館×海と日本プロジェクトin埼玉県 パネル展…

    こんにちは!海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会です。「かわはく」で親しまれている県立川の博物館…

  5. ちょう300000000
    市民が生き物調査 結果報告会

    春日部市で、去年7月から10月にかけて、市民が、市内に生息するチョウを調査してきた、市民参加型の生き…

 
PAGE TOP