レポート

オリジナルイベント 海なし県・埼玉発!SAITAMA海・川調査団【後編】

2日目集合写真

イベント2日目は、うなぎが暮らす川を調査!

海と日本プロジェクトin埼玉県は、9月19日(日)と20日(祝・月)にオリジナルイベント「海なし県・埼玉発!SAITAMA海・川調査団」を実施しました。

イベントのテーマは、うなぎ!

参加者たちは、2日間のアクティビティを通して、さいたま市の荒川に住む浦和の「うなじぃ」の疑問を解決していきます。

初日の調査で参加者たちは、川と海を行き来する魚の架け橋となる「魚道」を観察したり、荒川を下り、東京湾で水の透明度などを調査したりしました!

 

イベント2日目は、うなぎが暮らす「川」を調査しました!

向かったのは、埼玉県東松山市を流れる「都幾川(ときがわ)」です。

都幾川は、1日目に調査した荒川につながる川です。上流部のため1日目の荒川とは、水質や生息する生きものも異なるようです…!

子どもたちには、自ら調査することで、この違いを発見してもらいます。

 

2日目の最初のミッションは、生物採集!

1人ずつ網を持って、都幾川に入り、生息する魚や水生昆虫を調査してもらいます。

「魚捕ったぞ~~~!!」

埼玉県環境科学国際センターの先生方からアドバイスを受け、調査団の子どもたちは川の中でも、特にエビや小魚などが隠れていそうな草が生えている場所や、大きな石の下などに網を入れてガサガサしていきました!すると…

「先生!お魚捕れたよ!!」

子どもたちは、見事にオイカワやジュズカケハゼ、シマドジョウなどのお魚を次々にゲット!このほかにも、小さなエビやヤゴなどの水生昆虫もたくさん捕まえることができました。

こんなにもたくさんの生きものがいるということは、キレイな川なのかな…?!!?

午後の授業で、都幾川と昨日の荒川河口域、東京湾のそれぞれの水質を比較するため、川の水を採水していきますよ!!

うなぎ弁当で元気モリモリ☆

みんなお待ちかねのお昼ご飯!2日目は、イベントのテーマである「うなぎ」を美味しくいただきます!

「浦和のうなぎを育てる会」から、調査を頑張る子どもたちに特製の「うなぎ弁当」が届けられました!子どもたちもこの笑顔!!感染対策のため黙食でいただきましたよ。

いよいよ2日間の学習のまとめ

お昼の後は、いよいよ2日間の学びをまとめていきます!埼玉県水環境課の職員の方や、環境科学国際センターの研究員の方など、それぞれの専門分野の先生方が登壇し、子どもたちに「埼玉の川と海のつながり」や「うなぎの生態」、「マイクロプラスチック」などについて解説してくださいました!

このほか、2日間のフィールドで採水した「川の水」「河口の水」「海の水」の水質チェックを行い、水の汚れや、透明度などの違いを比較しました。

いよいよ、最後は浦和の「うなじぃ」が抱える5つの疑問を解決するためにミッションカードを記入して、発表しました!

『川を遡上するためには、魚道が必要』

『人がゴミを出すから、うなぎのエサとなる小魚やエビが減ってしまった』

『海に漂うカラフルな物体の正体は、プラスチックごみが細かくなったマイクロプラスチック』などなど…

子どもたちの発表により、最近の海や川に関する疑問を解決することができた「うなじぃ」。

すると、「うなじぃ」から最後のお願いが…

それは、2日間で学んだことから「うなぎが暮らす理想の海と川」をテーマにポスターを描いてほしい!とのこと。

「うなじぃ」は、すっかり、調査団のみんなを頼りにしているようでした!

早速、ポスター制作にとりかかった子どもたち。山から流れる川が海につながる様子をダイナミックに描いてくれたり、コンクリートではなく草や砂利で囲まれた川と笑顔のうなぎを描いてくれたりと、各々が理想と考える川と海の姿を表現してくれました。

うなぎを通して、川と海の未来を考えた2日間

緊急事態宣言が発出されている中での開催となりましたが、調査団として参加してくれたみんなは、感染対策を徹底し、すべてのアクティビティに真剣に、積極的に参加してくれました。

2日間という短い時間でしたが、みんなと一緒に過ごせて、海や川・うなぎについて一緒に考えることができて、スタッフ一同とても有意義で楽しい時間を過ごすことができました。

調査団のみんなはどうだったかな?

参加してくれて、ありがとうございました!そして、海に親しみを持って、うなぎを大切に思ってくれて、本当にありがとうございました!うなぎを食べた時、海や川で遊んだ時、「うなじぃ」や2日間で学んだことを思い出してくれたら嬉しいです。

最後に、イベントと運営スタッフを信じて、大切なお子様を預けてくださった保護者の皆さまに感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

イベント名オリジナルイベント 海なし県・埼玉発!SAITAMA海・川調査団【後編】
  • 「オリジナルイベント 海なし県・埼玉発!SAITAMA海・川調査団【後編】」
    記事をウィジェットで埋込み

    <iframe class="uminohi-widget newssite-article" src="https://saitama.uminohi.jp/widget/article/?p=1448" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saitama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 埼玉県</a></iframe><script src="https://saitama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

関連リンク

  1. Photo_22-12-03-15-18-37.377
  2. Photo_22-11-23-19-10-42.529
  3. さいたま水族館8
  4. Fha3hjyaUAAZ0kn
  5. IMG_6291
  6. 無題2jpg

Pickup

  1. Photo_22-12-03-15-18-37.377
    実験に挑戦!研究員のお仕事体験「こどもわーく」を実施しま…

    2022年12月3日(土)埼玉県の環境科学国際センターでお仕事体験プログラム「こどもわーく」を開催し…

  2. IMG_6775
    令和4年度荒川図画コンクール表彰式

    11月26日の土曜日、浦和コミュニティセンターで令和4年度荒川図画コンクールの表彰式が行われました。…

  3. Photo_22-11-23-19-10-42.529
    学芸員さんのお仕事体験!こどもわーくinかわはくを開催し…

    2022年11月23日(祝・水)埼玉県立川の博物館でお仕事体験プログラム「こどもわーく」を開催しまし…

  4. 環境科学国際センター写真 (3)
    こどもわーく「実験の挑戦!埼玉の環境博士になろう」参加者…

    研究員さんのお仕事を体験!埼玉県の環境について調査・実験してみよう♪埼玉県の環境について調査・研究し…

  5. 0b9c1750-8aab-4258-a5e5-2fd785127583
    \お願い/希少な“コククジラ”の骨格標本を後世に残したい…

    貴重なクジラの標本を後世に残すため、掘り起こしと3Dデータ化を行う海洋研究3Dスーパーサイエンスプロ…

海と日本PROJECT in 埼玉県
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://saitama.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://saitama.uminohi.jp">海と日本PROJECT in 埼玉県</a></iframe><script src="https://saitama.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>

PAGE TOP