レポート

妻を追い返したことが由来 埼玉県の縁切橋(サイタマニア イシ★バシ)

嵐山町縁切橋2

「縁結び」がブームともいえる今日この頃。

ご利益のある神社では参拝者が増え、婚活パーティーの参加者を募集する広告をよく目にします。

そんな中、時代に逆行するような「縁切橋」という変わった名前の橋が、埼玉県嵐山町にはあります。

由来はある伝説によるものなのですが、これがなかなか驚きの内容なのです。
 

「縁切り橋」の伝説は…

その昔、軍人・坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が悪さをする悪竜退治のために準備を整えていました。
 すると、心配した奥方がわざわざ京都から来てくれました。
 ところが、坂上田村麻呂は「征夷大将軍としてこの地に来ている私に、妻が訪ねて来るとは何事だ。あわぬぞ!」と、奥で待つ奥方にも聞こえるくらいの大声で取り次いだ家来に怒鳴りました。

 翌日、帰ろうと橋のところまで来た奥方の前に坂上田村麻呂が現れ、こう言いました。
 「大命を受けて出陣しているのに、それを追い来るとは何事だ。ただ今より妻ではない、夫ではない、早々に足り去るがよい」
 以来、この橋を「縁切橋」と呼ぶようになったそうです。

 縁起が悪いので婚礼時には渡らない習慣が生まれました。

橋のそばに住む方の話によると、昭和45年くらいまでは渡っていなかったそうです。
 現在は道路の拡張工事などで舗装道路のようになっています。

30年ほど前に観光用に造られた写真の欄干も、気にしながら見ていないとすぐに通り過ぎてしまいます。

もともとは、平な石が橋として置かれていたようです。

イベント名縁切り橋

レポーター紹介

サイタマニア イシ★バシ
埼玉をこよなく愛する、埼玉専門の覆面フリーライター。実は生まれ育ちは東京。
愛車の原付バイクで県内をくまなく回り、埼玉のニッチな魅力を日々発掘!
テレビ出演多数。
著書【埼玉のアナ 東上沿線 和光-川越編】。

関連リンク

  1. 消える日が近い?
  2. 大野さん8
  3. 見沼田んぼ
  4. 大野さん4
  5. 大野さん②
  6. 大野さん①

Pickup

  1. ふれあいマラソン100000000
    約2500人が参加 テレ玉親子ふれあいマラソン

    3月16日土曜日、戸田市内の彩湖・道満グリーンパークでテレ玉主催の親子ふれあいマラソン大会が開かれま…

  2. ちょうのりんぷん
    かわはく体験教室 りんぷん転写~チョウのはね模様をコピ…

    りんぷん転写という方法を使って、チョウのはねのもようを紙に写し取ります。どうしてそんなことができるの…

  3. たまよど
    かわはく 企画展「玉淀今昔物語-田山花袋が絶賛した渓谷美…

    かわはくから企画展のお知らせです♪■開催趣旨荒川には「玉淀」という名の景勝地(埼玉県指定名勝)があり…

  4. 写真 2019-03-14 17 17 36
    県立川の博物館×海と日本プロジェクトin埼玉県 パネル展…

    こんにちは!海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会です。「かわはく」で親しまれている県立川の博物館…

  5. ちょう300000000
    市民が生き物調査 結果報告会

    春日部市で、去年7月から10月にかけて、市民が、市内に生息するチョウを調査してきた、市民参加型の生き…

 
PAGE TOP