レポート

農業土木歴史偉人フォーラム

見沼田んぼ

農地や用水路を守り、次世代に引き継ぐことの大切さを再認識するフォーラムが都内で開かれ、

さいたま市の見沼代用水の歴史が紹介されました。

和歌山県が開いたこのフォーラムには、土木関係者などおよそ300人が出席しました。

フォーラムでは作家で土木史研究家の高崎哲郎さんが、

紀州藩の農業土木技術者大畑才蔵(おおはたさいぞう)と、勘定方の井澤弥惣兵衛(いざわやそべえ)が、

後に日本の近代の河川計画の元となる『紀州流土木工法』という独自の技術で、全国に展開した新田開発を紹介しました。

高崎さんはさいたま市見沼区の『見沼代用水』の開拓に触れ、

「見沼たんぼに水が入りやすくするため、田んぼの中央を流れる芝川を排水路として使用するなど、

農民を大切に思っていた井澤ならではの工夫が凝らされている」と話し、埼玉の地で進められた新田開発の技術を評価していました。

イベント名農業土木歴史偉人フォーラム
日程2019/3/14
主催和歌山県

レポーター紹介

海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会

関連リンク

  1. 消える日が近い?
  2. 大野さん8
  3. 大野さん4
  4. 大野さん②
  5. 大野さん①
  6. 平成30年 古綾瀬川30袋

Pickup

  1. ふれあいマラソン100000000
    約2500人が参加 テレ玉親子ふれあいマラソン

    3月16日土曜日、戸田市内の彩湖・道満グリーンパークでテレ玉主催の親子ふれあいマラソン大会が開かれま…

  2. ちょうのりんぷん
    かわはく体験教室 りんぷん転写~チョウのはね模様をコピ…

    りんぷん転写という方法を使って、チョウのはねのもようを紙に写し取ります。どうしてそんなことができるの…

  3. たまよど
    かわはく 企画展「玉淀今昔物語-田山花袋が絶賛した渓谷美…

    かわはくから企画展のお知らせです♪■開催趣旨荒川には「玉淀」という名の景勝地(埼玉県指定名勝)があり…

  4. 写真 2019-03-14 17 17 36
    県立川の博物館×海と日本プロジェクトin埼玉県 パネル展…

    こんにちは!海と日本プロジェクトin埼玉県実行委員会です。「かわはく」で親しまれている県立川の博物館…

  5. ちょう300000000
    市民が生き物調査 結果報告会

    春日部市で、去年7月から10月にかけて、市民が、市内に生息するチョウを調査してきた、市民参加型の生き…

 
PAGE TOP